02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 04

予想外の二件目~♪ 追記から本編上は流しで十分 

はい、椛刀です。

「気とはなんぞや」な、難問だ、ちょー難問だ。きっと何らかの現象を引き起こすものとか、感じようとすれば感じるものとか、殺気って意識によって集まった気を感じてるとかそういう事じゃないんだろーなー。

一通り聞き齧った事を前提として前置きとして書いとくと。

武編

①気を通す

指の先まで気を通してから掴まれてる自分の手を動かすと技になる、意味が分からない、聞くところによると自分は通ってないらしい(そもそも未熟)

②気で腕をぶっ飛ばして突きを出す

実際は筋肉に作用して筋肉が動くきっかけを与える、らしい。

③丹田に気を落とす

重心を落とす事の慣用句として言われる。
他にも相手の気を逸らす(意識を逸らす、主に日本)
相手の気を跳ね挙げる、打ち落とす(相手の体制を崩す、主に中国)

④気配を感じる

体の周りにチリチリとした感覚を感じるとそこに人がいる、と言っている人がいた。(自分は必ずではないので曖昧だが熱を感じて人がいた、何故かいるのを確信して見たらいた程度)

⑤中国では内三合と言われる要訣がある

心、意、気を合わせることによって力が出るそうな。何でも心によって意識が動き意識によって気が動き気によって力が出るそうな。。。


オカ編

①丹田に火を灯し、異常な振動、圧力を感じる

かなり体か抜けた時に振動はある、後の2つはまだわからないもしかしたら既に感じてるかも知れないが昔から在るので正解か解らない。

②気を巡らせる

最初のうちは意識を巡らせてそれに沿って集まった気を感じてる、とのこと。
息を吐くと共に腹にある気を丹田に落とし息を吸うと共に背中を通じて頭に気を上げる、また吐くと同時に体の全面を通して気を落とす。

③気を集める

意識によって気は動くので意識を集めることによって気が集まる(試しに掌を見てみるといい、何か感じたらそれは気の作用だ、そのうち意識した所に何か感じるようになる、それも気の作用)

④気を練る

集めた気を粘土を練るような気持ちで弄る、それ以外言いようが見当たんない。

⑤オーラとか

よくわからん、何か人はフォトンっつー発光体を出してるらしい。

⑥チャクラ

丹田のようなもの、要は気脈、7つほどあるらしい、ちなみに丹田は頭と胸と腹の3つ。


最後に、気は内3合のくだりを参考に個人的な感想も含め、意識とか無意識とかと同じで無きゃ生きて行けないものだと思うから、歌を歌えない人がいない程度の割合で感じることができると思う。

混乱してきた質問は随時どうぞ、下でこれ等をベースに自分の感じる気について頑張る。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



[edit]

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

トラックフィード

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード