04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

みかん 

はい、椛刀です。

運についてなんとなく書きたくなったから書く。

ここで述べる運についての事前知識は茶うささんのところにでも行ってもらえれば幸いです、簡単に言うと運はコップの中の水、以上。

さて本題、運がついてる人とついてない人の差は総量だろうけど、それ以外にも必要なところでしか使わないようにって運気操作系のタルパを創ってる人もいると思いますが、個人的には個々人の努力によってもほんのちょっとだけかもしれないけど運って操作できる気がするんですよ。

やり方は簡単、わかりやすく言ってしまえは無欲、何も欲しない状態なら少しだけ運て溜まってく感じがするんですよ、実際には溜まっていくというか無駄に使わないだけだけですけど。

どういうことかと言うと、一日に生産される運の総量が同じ100の人(AとB)がいるとして普段の生活をするのに必要な運の量が50だとする、使い道は水道代や食費、保険だと思ってください、つまりライフラインを維持するのに必要な運、それをベースに例えばAは物を買うとする、そうするとその物が不良品かどうかに運を2使う、さらにその物が入ったお店にあるか無いかで運を1使う、そんな感じでAは運を30ほど消費したとする。
そしてBは特に何もせずに真っ直ぐ帰路につく、そうすると特に運を消費せずに家に帰ったとする。

それだけでもその二人の残ってる運の総量は大分差があると思う、そうしていざというときに運を吐ければBの方が運の残量が多いからなんとかなることが多い、と思っているわけだ、、、こうやって考えた結果金の方がしっくり来るな、運は溜まら無いけど。

ついでにあといくつか方法があって、細かいことを気にしない事、自分の不幸に目を当てない事、丁寧にすること、まあ、真面目に生きることって書けばだいたい当てはまるけどね。
スポンサーサイト



[edit]

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

トラックフィード

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード