08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

三ヶ月は短い 

はい、ツイッターの気軽さが楽でエエ、椛刀じゃん。

と言う訳で最近なかなk......全く更新しておりませんが、それと言って言うことも無いから黙ってれば宜しいかと、そんな感じで放置されている我ブログ。日記?知らんなぁ(悪魔の笑み)

仕方無いから文字にし辛い「気」の様なもののお話をば1つ。

このブログで以前書いたなんやかんやはその時その時の状況に沿ったものであって、個人的に「気」と言うものにさほど重視してない、と言うかあってもなくてもどちらでも構わないスタンスを取っていました、何故なら感覚として気が殆ど無かったからです、それこそ文字通り「気のせい」だったことも多々あります、人はそうやって勘違いをしながら成長していくだとかそんな良い話だったりそうじゃなかったりはこの際置いといて。こう言う事に首を突っ込んで色々調べて訓練していればある程度自然に気は感じられる、私個人としてはそれに加え別方向からでも気についてあれこれ話が出てくるので気が付いたら気について多少の方向性と言うか指針が出来て来ます、そうやって気の持ち得る範囲を何とかして把握することで、自然とここに気がある、等の認識が出来るようになってきます。

では私椛刀が考える「気」とは何だろう?......何なんでしょうかね?感覚としてはこれが「気」としておおよそ有りますが、人によって様々です認識とはあやふやです、曖昧なのです、撫子の様な語り口調になってます、と書きましたがおおよそこれが答えなのかも知れません、僭越ながら自分の知覚している範囲で話せば「気」は「認識」なのかも知れません、これでも語弊がありますが結局伝えるための媒体としての文字なんてその程度なので足りない部分は勝手に補ってください、その為の脳ミソです、話せば解るなんて無いのです、話しても解らないものは判らないのです、そんなネガティブキャンペーンは駄文として文字数を稼ぐことに貢献している訳ですが。これで言いたいことは言ってしまいました、多分読んでいてよく判らない、この人は何を言っているんだ?と思われる箇所が幾つかあるのは判りますが、そろそろ面倒になってきました、久し振りに繋がった長文を書くことで文章が支離滅裂になっていないか心配です。

後半の弱腰はさておき書きたいと大して思っていない記事はある程度書きました、久し振りの更新はこう言うわけの判らない記事で混乱させるのもありかも知れません、それでは皆様また気が向いたら御会いしましょう。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



[edit]

カウンター

プロフィール

最新記事

最新コメント

トラックフィード

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード